FC2ブログ

03月 « 2019年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い系サイトを勧める理由

2013年 12月11日 00:23 (水)

私は、基本的にナンパは得意ではない。

先日も有吉ジャポンのディレクターから実際ナンパしてくれませんか?

と頼まれ、ご丁重にお断りした・・代わりに出演した芸人は今やレギュラーとなっている。

しかし、ナンパの苦手な俺が1000人を超える女性を口説き落とし貢がせてきた。

なぜ、ナンパの苦手な俺がそのような尋常でない数の女性とやりまくることが出来たのか?

それは、今から25年位前にテレホンクラブ(テレクラ)という新しい男女の出会いの場ができたことによる・・。

男は、店に赴き電話付の個室でひたすら見知らぬ女からの電話を待つ・・。

宣伝広告を見た女は男を求め電話をしてくる・・・

後は、電話の取り合い(当初は早取り制が主流だった・・)。

電話を取れない(早取り競争に勝てない)男は一言も女と会話することなく、テレクラ遊びから遠のいた。

逆に、早取りをマスター(テクニックがあった)し、会話までこぎつけた男の中には、俺のように濡れ手に粟状態で女を抱くことができた者がいた・・。(全て純粋な素人女である)

当時は、世の中に初めて登場した男女の出会いシステムでもあったので、興味がある素人女性が半信半疑で電話をしてきた・・・サクラなど必要がないほどに。

男と女が求め合い電話で肉声で話をするのだから・・・俺に言わせれば簡単に口説けた。

処女から人妻、学校の教師から風俗嬢・・・あらゆるジャンルの女達と遊びまくった。

路上ナンパの利点は、金をかけずに好みの女に声をかけられる、しかしテレクラは相手の容姿は分からないものの知り合えるはずのない職業、年齢・・・の男を欲っしている女と会話ができたのだ。

ナンパは相手の都合、性欲のあるなしの判断がつかない状況で声をかけるので不発も多いが、テレクラは男を欲っしている女からアプローチしてくるのだから非常に合理的に数をこなすことができた。

しかし、タダでできない連中が金を提示することで素人女を買う場所のようになり・・・衰退。
(援助交際という名で世間に知られた)

恋愛ゲームに金を介在させては面白くない、あくまで駆け引きを愉しむのでなければ・・。

そして、IT時代の現在は出会い系となるのだが・・。

両方を体験し、どちらでも女と遊んだ俺が比較検討をしよう。

・テレクラは店に行き、電話を待っていなければならなかったが、出会い系は携帯端末があればどこにいてもいつでも参加できる。

・テレクラは2時間3000円程度だったが、その間に電話を取れずに退店することもあった。
出会い系はポイント制で必ず相手に伝えることは出来る・・金だけ取られて何もせず・・がない。
入会時に無料ポイントがもらえて実質タダであそべるし、ポイント購入料金自体も高くはない。

・テレクラは店にいる間だけしかチャンスはなく、女性の年齢や住む地域も分からなかった。
出会い系は基本、メールなので時間的拘束もないし、スタイルや年齢・地域指定も可能。

・テレクラと違い、自分のプロフィールや掲示板を見て興味を持ってくれた女性が分かるので(痕跡が残る)ターゲットを絞り、こちらからアプローチできる。

・テレクラでは遊ぶだけだったが、出会い系は遊びつつサイトの紹介をし、無料登録をしてもらうことで金も入る。(アフィリエイト)

・しかし、現在の出会い系は当初のテレクラのような純粋な遊びたい素人女だけ・・・とはいかない。

サクラと呼ばれる女を如何に回避できるかだ・・。

ただし、腕に自信があるならサクラも女である・・・落とせる可能性はある。

以前、俺はサクラをしていた(本人曰く)女を引っ張りだして、口説き落としたことがある・・。

これは、水商売女や風俗嬢を店で落とすのと同じ感覚だな。

出会い系は、無料登録だけしておけばそれなりに愉しめる(無料ポイントで遊べるし・・)のでやって損はしないと思う。

・登録➡こちら

・攻略/無料登録特典(出会い系攻略マニュアルプレゼント)➡こちら



track_201301[1]
kanban_i[1]
design2013[1]

あらゆる媒体を使って利用者数増加を目指す、国内最大・サクラのいない出会い系サイト

PCMAX








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。